アルタス植毛ロボットって?

アルタスの植毛というのが今注目されていますね。
これは、アルタスというロボットを使って行う自毛植毛のことです。。

 

薄毛が進むと育毛剤では追いつきません。
AGA治療でも効果が表れる人は一部・・・となると、確実に髪の毛を生やしたい人は植毛が適しているんですね。

 

植毛というと手術になるから怖い、と思うかもしれませんが、アルタスの植毛はメスを使いません。
最先端の技術で髪の毛を毛包から採取して薄毛が気になるところに植え込みます。

 

傷もほとんど目立たないと言われています。

 

これまでの植毛は施術者が手作業で行うことが多かったんですね。
そうすると時間はかかるし、作業の出来にムラがでてきます。

 

植え込む髪の毛は後頭部から採取することが普通ですがアルタスはロボットなので安定した施術ができるのが一番大きなメリットなんですね。
1時間あたりに採取できる髪の毛の本数も、アルタス植毛ロボットの方が段違いに多いのです。

 

施術時間が短くて済むというのは受ける側の負担も軽減されるので助かりますね。
何回も通うのは忙しい人にとっては大きな負担になりますから・・・

 

アルタス 植毛ロボットの出現は薄毛治療革命と言っていいかもしれません。

 

確実に毛包から髪を採取できる!
短時間で多くの本数(1時間で500本以上)を採取できる
採取したあとの傷が小さくて目立たない
広範囲から採取できるので頭皮の負担が小さい

 

ロボットというとちょっと不安があるかもしれませんが、アルタスの場合は最新ロボットなので3D的に画像を確認できるなど人の手より優秀な所があるのです。

 

 

 

 

自毛植毛を考える

植毛というとちょっとハードルが高いですよね。
これまでは他人の毛を植毛することもありました。

 

でも、最近は自毛植毛が人気になっています。
やはり髪質も同じというのはとても自然な感じがしますね。

 

それに、アルタスの自毛植毛の場合は自分の毛を毛根から移植するので自然に伸びるのもメリットです。
いきなり髪が増えたら不自然だし、すぐに何かやったとわかりますよね。
薄毛の人が避けたいのは人にばれてしまうこと・・・

 

でも、自然に少しずつ伸びてくるのであれば他人い気づかれなくて済むというメリットがあります。
移植する髪の毛は短いものを使うそうで、植毛した時点ではあまり髪が増えたことがわからないんですね。
そして、時間をかけて徐々に髪の毛が伸びてくるのでとても自然なのです♪

 

じっくり観察していなければ髪が増えたというのも気づかないのではないかな、と思います。

 

最近は植毛していることをカミングアウトする芸能人もいるので、以前ほど隠れてやるというものではなくなっている、植毛に挑戦する方には追い風ですね。

 

 

自毛植毛は
・育毛剤の効果がなかった方
・AGAクリニックで効果が出なかった方
・確実に毛を増やしたい方

 

以上の方が受けるケアと考えていいですね。

 

育毛剤やミノキシジルなどの錠剤で改善が見られればその方が楽で体・お財布への負担も少ないです。
ただ、薬に関しては副作用も気になるのでその辺りはリスクとも言えるでしょう。

 

植毛の場合は薬剤による副作用がないのはメリットだと思います。
薬というのは必ず副作用があるもので、ミノキシジルに関してはいろいろな報告もされているのです。

 

もともとミノキシジルは降圧剤として使われてきました。
血圧を下げるための薬だったんですね。

 

ところが、治療の過程で体毛が濃くなるという副作用がでてきました。
それを薄毛治療に応用したというわけなんですね。

 

副作用としては、精力の低下(ED)、動悸、体のかゆみ、頭痛など多くの症状が報告されています。
副作用の出方は個人差が大きいので実際にミノキシジルを飲んでみて何事もない人もいます。
でも、やはり副作用は気になるところだし、ミノキシジルは長期間の服用を前提といているのでできれば服用は避けたいところですね。

 

そう考えると、植毛の方が体への負担は軽いのかなと思ったりします。
毛根から髪を引き抜くのですから頭皮に多少の傷は残りますが、アルタス植毛ロボットを使うとこれまでより傷も軽く済みます。

 

 

また、育毛剤やミノキシジルでは効果の出方に個人差があります。
育毛剤だけでかなり髪が生えてきてそれ以上のことは不要という人もいます。

 

AGAクリニックに通って内服薬やメソセラピーを受けて見違えるように髪が増えたという人もいます。

 

でも、ほとんど効果が出なかったという人も多いのがこの二つの方法です。

 

どうしても髪が欲しい、禿げているのはイヤだ、いついつまでに髪を増やしたい、という方にはアルタス植毛の方が適していると言えますね。

 

 

育毛剤の場合も全く副作用がないかというとそんなことはありません。
頭皮というのは皮膚の中でも吸収率がとても高い部分です。

 

添加物が使われていると頭皮が吸収して内臓器官に回って病気の原因になるのです。
見落としがちな点ですが、育毛剤の成分についてもしっかり調べておきたいですね。

 

発毛に有効な成分が使われているかは買うときにチェックすると思いますが、肌に悪い成分については軽く考えていることが多いのではないでしょうか。

 

経費毒というのは予想以上に深刻で、長期的に使用するとトラブルが起きる可能性も高いのですね。

 

 

 

植毛を考える時期は

植毛すれば確実に髪が増えるのは間違いないですね。
どうしても髪が欲しい、効果があるかわからないものを使う暇はないという場合は植毛は魅力的でしょう。

 

でも、まずお金がかかります。
そして手術である以上体にメスを入れることになります。
また、リスクもゼロではないし、副作用が出るかもしれません。

 

そういうことを考えると、植毛は最終手段かなという気もしますね。
まず何百万というお金が払える人がそんなにいないのではないかな。
払えてもいざとなるとやはり即決できないものだと思います。

 

芸能人や有名人などは植毛している人もいますが、収入が違いますからね・・・
そして人に見られる商売ということもあると思います。
一般の人が植毛するというのはやはり普通の事ではないのかなと思います。

 

自分の自己満足のためだけに何百万もかける必要があるのか、
誰に見られるわけでもないのにそんな大金を投じて何になるか、とかいろいろな考えが頭を駆け巡ると思います。

 

 

また植毛自体まだポピュラーではないということもありますね。
実際に自分のまわりで植毛した人もいないのが普通だから経験談を聞くことも難しいです。

 

男性はコワがりの人も多いから、手術と聞くとビビってしまうかもしれませんね。
それに、手術であるからにはダウンタイムも必要でしょう。
仕事を何日か休める人でないとなかなか受けるのは難しいです。

 

そして、まわりの人に植毛したとばれてしまうことも覚悟がいりますね。。

 

色々考えると、多少禿げていたっていいか、命にかかわるわけじゃないし、ということになるかもしれません。

 

確かに薄毛というのは始まるとショックだし何とかしたいと思います。
でも、髪の毛が生えてくる代償とはかりにかけるとどうなんだろう、と思いますね。

 

植毛するのが悪いことだとは思いません。
それでなやみが解決して前向きに生きていけるならいいと思います。
植毛は整形と同じようなところがあるなぁと。

 

そのままでも生きていくのに不都合はない。
機能は十分果たしているから、これ以上は贅沢の範疇ともいえる。
人によっては反対だし、施術を受けるのは少し勇気がいることだし、やってしまったら戻れない。

 

それでも一歩をふみっだすかどうか、というところなのかもしれませんね。

 


無添加や自然派のシャンプーのランキングを紹介します